Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By motogp.com

「マルクは偉大、祝福したい」

ザクセンリンクでの自己最高位を獲得し、アドバンテージを22ポイント差に拡大

モンスターエナジー・ヤマハファビオ・クアルタラロは、第8戦ドイツGPの決勝レースで1列目2番グリッドから6.772秒差の3位。今季5度目の表彰台を獲得し、総合2位とのアドバンテージを14ポイント差から22ポイント差に広げた。

「レースを逃すことは辛い。困難な手術を受け、1年間欠場した後、今日彼がしたことは偉大なことだ。僕は脱帽する。もう一度、祝福したい」と開口一番、優勝を挙げたマルク・マルケスを称賛。

「僕は学び前進している。経験を積んでいる。トップライダーたちから学んでいる。マルクが模範であり、彼がここにいることが嬉しい。彼のようなライダーから学びたい。」

「最初にチームと一緒にハッキリしていたことは、グッドなペースがあるということ。だけど、優勝するには十分なペースではなかった。目標はドゥカティ勢の前に位置すること。僕たちは目標を達成した。表彰台が嬉しい。正直なところ、これは金メダルのようなもの。僕たちは苦しみ、過去にザクセンリンクでトップ10に進出したことがなかったから、3位は夢のようだ。」

「ペースがあったから抜きたかったけど、オーバーテイクは不可能だった。雨粒を見たとき、ルマンを思い出し、アタックを仕掛けた。前を走るライダーたちのバイクは非常にパワフルだから、追い抜きは簡単ではなかったから時間をかけた。タイヤを上手くマネジメントしたかった。」

「全力を尽くした。僕たちはものすごく苦しんでいたから、そうすることはチームにとってとても重要だった。僕たちにとって、非常にタフなグランプリだったけど、お気に入りのトラックの1つ、アッセンが楽しみ。バイクはファンタスティックだから、金曜が待ち切れない。思いっきり楽しもう」とザクセンリンクで初めての表彰台を獲得した勢いに乗って、2年前に3位、3年前に3位を獲得したアッセンに乗り込むことを喜んだ。

「マルク・マルケスは別の惑星が来た!」

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第8戦ドイツGPの決勝レースをオンデマンドで配信

推奨記事