Tickets purchase
VideoPass purchase
News
27 days 前
By motogp.com

ダッシュボードに新たなメッセージを配信

走行中のライダーに対して、エキップメントの問題とライダーの行為に関する警告を追加

Tags MotoGP, 2021

レースディレクターのマイク・ウェッブは、レッドブルリンクで開催される第11戦オーストリアGPから新たにダッシュボードメッセージのオプションを2つ追加することを説明した。

現在、ダッシュボードメッセージは、レースディレクションとチームが走行中のライダーに直接コミュニケーションを図るツールとして利用され、複数のメッセージを送信、管理している。

今回、レースディレクションからライダーのエキップメント(ツナギ、ブーツ、グローブ、ヘルメット)の問題を伝えるメッセージとスチュワードからライダーの行動に関する警告メッセージを導入することになった。

マイク・ウェッブ(レースディレクター)
「ここ数年間、レースディレクションは走行中のライダーにメッセージを送信できるダッシュボードメッセージを利用でき、それはフラッグ信号やペナルティに関する警告の情報です。時々、さらに多くの信号を送信しますが、最近、幾つかのことが発生しました。そのうちの1つは、カタルーニャGPでこれまでになかったことでした。ライダーのエキップメントであるツナギが正常に機能せず、ライダに対して修正を指示する必要がありました。現実的に適切な信号がありません。バイクの技術的な問題や失格などに対する信号がありますが、このインシデント後、機械的な故障とは異なるため、ライダーのエキップメントに関する特定の信号が必要であると判断しました。」

「バイクからオイルや水が漏れた場合、バイクが直ぐにトラックから離れることが重要です。ライダーのエキップメントに問題が発生した場合や即時の問題ではないが修正が必要な場合があり、ダッシュボードに新しい信号『equipment(エキップメント)』を表示します。その意味は既にライダーとチームに説明済みで、エキップメントに問題があり、即時に修正が必要ということです。修正のためにピットに入ることができ、トラック上で自分で修正することもできます。直ちに修正する必要があることから、ライダーのエキップメントに関して新しいメッセージを準備しました。」

「もう1つのアップデートは、ライダーの行動に関する『FIM MotoGP Stewards(スチュワード)』からのリクエストです。ライダーが我々が好まない行為をする場合がありますが、それが限界であり、誤解や間違いである可能性があります。ただし、その行為が繰り返され、それがどちらでもない場合はペナルティが発生します。そのために、スチュワードは『そのような行為をしないように。我々は監視しており、もう一度行うとペナルティが発生します』と警告の信号を求めたことから、ライダーの行動に関する『warning(警告)』と呼ばれる新しい信号を設けました。これらはレースディレクションとライダー間のコミュニケーションを改善するための新しい2つのメッセージです。」

「ダッシュボードのメッセージを準備するには多少の時間を費やします。ダッシュボードとバイクのメーカーは、メッセージを送信するためにシステムとタイムキーピングを調整する必要があり、全員が準備を整えなければいけません。メッセージの導入には同意しており、今は技術面の変更を進め、オーストリアGPから利用可能となります。」

レースディレクションが新たなメッセージを配信

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、1992年開幕戦日本GPから第10戦スティリアGPまで約4.5本の動画をオンデマンで配信

推奨記事