Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

決勝レース:フランチェスコ・バグナイアが初優勝

マルケス兄2位、ミル3位、クアルタラロ8位、中上10位、ビニャーレスがアプリリアデビュー

第13戦アラゴンGP決勝レース(周回数23ラップ)は12日、モーターランド・アラゴンで行われ、ポールポジションのフランチェスコ・バグナイアが最高峰クラス42戦目で初優勝を挙げ、総合4位から2位に再浮上。イタリアがプレミアクラスで250勝目を挙げた。

マルク・マルケス0.6秒差の2位
気温30度、路面温度48度のドライコンディションの中、4番グリッドのマルク・マルケスは0.673秒差の2位。今季2度目の表彰台を獲得すれば、11番グリッドの中上貴晶は16.904秒差の10位に入り、3戦ぶり6度目のトップ10。8番グリッドのポル・エスパルガロは13位。14番グリッドのアレックス・マルケスは、1ラップ目の5コーナーで週末3度目、今季14度目の転倒で今季5度目の転倒リタイア。

ジョアン・ミル5度目の表彰台
7番グリッドのジョアン・ミルは3.911秒差の3位。3戦ぶり5度目の表彰台を獲得すれば、20番グリッドのアレックス・リンスは17.710秒差の12位。

マーベリック・ビニャーレスがアプリリアからデビュー
6番グリッドのアレイシ・エスパルガロは9.269秒差の4位。アプリリアに当地での最高位をもたらせば、新天地アプリリアからのデビューレースとなった19番グリッドのマーベリック・ビニャーレスは27.128秒差の18位。

ヨハン・ザルコ17位で0ポイント
2番グリッドのジャック・ミラーは11.928秒差の5位に入り、2戦連続のトップ5。9番グリッドのエネア・バスティアニーニは13.757秒差の6位に入り、自己最高位を獲得。5番グリッドのホルヘ・マルティンは16.615秒差の9位。10番グリッドのヨハン・ザルコはポイント圏外の17位。17番グリッドのルカ・マリーニは20位。

ファビオ・クアルタラロ8位
3番グリッドのファビオ・クアルタラロは、プラクティスで掴んだペースを再現できずに16.575秒差の8位。15番グリッドのカル・クラッチローは16位。21番グリッドのバレンティーノ・ロッシは19位。22番グリッドのジェイク・ディクソンは2ラップ目の9コーナーで転倒。

KTMの最高位は7位
12番グリッドのブラッド・ビンダーは14.064秒差の7位。4戦連続6度目のKTM勢最高位に進出すれば、13番グリッドのイケル・レクオナは11位。18番グリッドのミゲール・オリベイラは14位。16番グリッドのダニロ・ペトルッチは15位。

チャンピオンシップ
ポイントリーダーのクアルタラロは8ポイントを加算。総合4位のバグナイアは53ポイント差の2位に浮上。総合3位から2位に後退したミルは57ポイント差。総合3位から4位に後退したザルコは77ポイント差に引き離された。

サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP
次戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPは、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリで17日に初日、19日に決勝レース。21日と22日にはオフィシャルテストが開催され、来季最高峰クラスに昇格するレミー・ガードナーとラウール・フェルナンデェスが2日目の参加を予定している。

第13戦アラゴンGP『MotoGP™クラス』~決勝レース

第13戦アラゴンGP『MotoGP™クラス』~パルクフェルメインタビュー

 

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第13戦アラゴンGP決勝レースのフルセッション、ハイライト、リキャップ、インタビューの動画を配信