Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By motogp.com

アルゼンチンで2025年まで開催

23年からの3年契約に合意。テルマス・デ・リオ・オンドでの22年から4年間の開催が決定

Tags 2021

チャンピオンシップの商業権を所有するドルナスポーツは29日、テルマス・デ・リオ・オンドでのアルゼンチンGP開催に関して、アルゼンチン政府のスポーツ観光省、サンティアゴ・デル・エステロ州政府、プロモーターのグループOSDとの間で2023年から3年間の開催を保証する契約に調印したことを発表した。

2020年と2021年は、新型コロナウイルスによるパンデミックの影響を受けて、開催がキャンセルされたが、テルマス・デ・リオ・オンドは2022年の開催に向けて、インフラストラクチャと交通ルートの改善を目指し、改装されたパドックと最先端のエレクトリックフラグシステムで迎え入れる。

カルメロ・エスペレータ(ドルナスポーツ)
「アルゼンチンGPとの3年契約の更新は、『MotoGP™世界選手権』にとって素晴らしいニュースです。これは地域が我々のスポーツに多くの関心があることを示しています。テルマス・デ・リオ・オンドのサーキットには、様々な国籍の人々が訪れ、ライダーたちのフィーリングの良さは、その国と地域にいなければいけないことを証明しています。」

マティアス・ラメンス(スポーツ観光省大臣)
「サンティアゴ・デル・エステロ州のように観光とスポーツの相乗効果を反映している地域はほとんどありません。そのため、国際的に権威のあるイベント『MotoGP™』を迎え入れることは喜びであり、地域経済の活性化にも重要な役割を果たします。観光とスポーツを州の政策として位置づけてくれた州知事を祝福します。政府から地域の発展に貢献するこのコミットメントを再確認します。」

テルマス・デ・リオ・オンドは、2022年4月1日から3日にアルゼンチンGPの開催を発表した。

 

49.99ユーロで提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第15戦アメリカズGPの3クラス全セッションを完全網羅の生中継で配信