Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By motogp.com

「ファンに最後の挨拶をしたかった」

ミサノでのラストレースで接触転倒。ファンに別れを告げられなかったことを悔やんだ

テック3・KTM・ファクトリー・レーシングダニロ・ペトルッチは、第16戦エミリア・ロマーニャGPの決勝レースで今季のベストポジションとなる3列目9番グリッドから3ラップ目の2コーナーでジョアン・ミルと接触。今季8度目の転倒、第8戦ドイツGP以来4度目の転倒リタイアを喫した。

「とても悲しい。厳しいレースになることは覚悟していたけど、トラックからファンに最後の挨拶をしたかった。残念なことに、他者が2コーナーで楽観的になりすぎてしまい、僕たちは転んでしまった。あまり言葉はないけど、懸命に頑張ってくれたチームのみんなに感謝したい。ポルティマオでもう一度トライすることを約束する」と気持ちを切り替え、次戦に挑むことを誓った。

決勝レース日に31歳の誕生日を迎えたイタリア人ライダーは、所属するKTMとの間でダカールレースに参戦する方向で交渉を進めているが、来季スーパーバイク世界選手権に復帰するロリス・バスの後任として、モトアメリカに参戦する案が浮上していることを明かした。

 

19.99ユーロで提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第16戦エミリア・ロマーニャGPのフルレース、ハイライト、リキャップ、インタビュー、未公開映像を配信

推奨記事