Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By motogp.com

「大きな期待感がある」

ポル・エスパルガロがホンダ2年目の意気込みを語り、マルク・マルケスのテスト参加が根本となることを説明

レプソル・ホンダ・チームポル・エスパルガロは14日、本田技研のモータースポーツ活動計画が発表された後、メディア向けのオンライン会見に出席。ホンダ加入1年目を評価し、2年目の期待と目標、新車の手応えを説明した。

ホンダ加入1年目
「状況を改善するために懸命に働いたけど、誰もが懸命に仕事に取り組む。2022年に向けたベースを構築するために多くの情報を収集した。シルバーストンの後で感触が良くなり、バイクの信頼感を持ち始め、お気に入りのトラックであるバレンシアでグレートなレースでシーズンを締め括りたかったけど、転倒してしまい、計画は上手く行かなかった。シーズンを通じて、異なる仕事に取り組み、ベストライダーになるために働いた。ホンダはマレーシアで可能な限り最善なバイクを提供するために懸命に働いてくれた。もう一度バイクに乗ることが待ちきれない。」

ホンダ車の評価
「旧型が全ての利点を引き出すことができるマルクのためだけに製造されたバイクだと思わない。ライダーたちからのフィードバックに基づいており、エンジニアたちは改善に向けて、フィードバックを使用する。マルクは天才だった。彼の走り方はシンプルに最高であり、他者はあまり適していなかった。彼は強い。そういうこと。新型は違うように思われる。リアのグリップが向上している。」

「ミサノで良い感じが見つかった。ホンダは全員に耳を傾け、新しいバイクを投入したとき、直ぐに優れていることを感じた。1年間を通じて、常に速く走ることが許さなかった幾つかの問題に関して不満を訴えた後、全員が変更を嬉しく思った。これは始まりに過ぎない。どれほど改善されたのか、ミサノとヘレスのように速く走れるのかを理解するために、他のサーキットでのテストで必要。何か新しいものがあるとき、状況は急速に変化する可能性があることから、落ち着かなければいけない。マルクが僕たちと一緒にウインターテストに参加することはシーズンのスタートに向けて、可能な限りベストバイクを手に入れるために根本となるだろう。」

「バイクは優れているけど、どのくらい改善されているかを理解するには時期が早いだろう。僕たちがどこに位置しているのかを理解するために、他車と一緒にトラックに戻る必要がある。新車を走らせるのは、僕たちだけでない。最初のテストとなるマレーシアで理解できるだろう。例え僕たちが直ぐにトップに位置しなくても、最初の数日間で解るだろう。直ぐに上位を争うリズムがあれば、そうするだろう。そうでなければ、改善に向けて冷静に仕事に取り組む必要がある。ドゥカティ機はストレートで非常に強い。グッドなシーズンにしたければ、彼らとファイトするための改善が必要。全てが重要だけど、落ち着かなければいけない。テストでどうなるか見てみよう。」

ホンダ2年目の目標
「2021年の始め、改善に向けて努力が必要だと分かっていたけど、バイクをよく知らず、開発の方向性も分かっていなかった。時間を要することを覚悟していた。僅か5日間のテストで、レースをスタートさせる前に改善を果たすことは簡単ではなかった。厳しかったけど、2022年に向けて、大きな期待感があると言うことができる。テストでものごとが上手く進めば、トップ5入りを争うことができると思う。最初に達成できれば、シーズンを通じて良くなるだろう。バレンシアで転倒する前のポジションから始めたい。」

マルク・マルケスとガレージをシェア
「今年はマルクと一緒に走りたい。シーズンを一緒に始めたい。彼とピットボックスを共有することは簡単なことではない。彼はグリップが低い場合でも、全ての問題に対しても、より簡単に適応する。バイクの経験値が役に立ち、大変上手くフィットする。僕自身、最初はあまり滑らずに加速させることに苦労した。走らせ方、スロットルの使い方が重要で、コーナーの立ち上がりでスロットルを独自の手段でマネジメントする。マルクと同じような走らせ方ができるように学んでいるところ。旧型と新型は違う。グリップがあることから、全員の改善に役立つと思う。特に予選に役立つだろう。全員が新しいバイクで何ができるかを証明することができるだろう。」

シーズンのアプローチ
「精神的には、あまり変わっていない。昨年は大きな重圧に耐えてきた。身体的には、必要以上にトレーニングを積んできた。技術的には、スロットルをどのように使うのかを発見した。別の手段がどれほど重要なのかを理解した。ホンダ機は、これまでのようにリアブレーキを使わない。それが理由で昨年はコーナーの入口でものすごく苦労した。より適切に対応するために、様々なタイプのバイクを利用して、様々な形のトレーニングに取り組んだ。」

レプソル・ホンダ・チームは、2月5日からマレーシアのセパン・インターナショナル・サーキットで開催される今年最初のオフィシャルテストに参加。エスパルガロ弟は、ホンダ加入2年目に向けて本格的なテストを開始する。

 

VideoPass(ビデオパス)』では、1992年3月の開幕戦日本GPから2021年11月のオフィシャルテストまで全ての動画をオンデマンドで配信

推奨記事

@takanakagami30