Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロレンソ「沢山のことを試した」

残り7戦での逆転を視野に、今季3度目となるシーズン中のオフィシャルテストで最速時計を記録。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのホルヘ・ロレンソは、2番グリッドから今季3度目の0ポイントとなる17位だった第11戦チェコGPの開催地、アウトモトドローム・ブルノに延滞して、オフィシャルテストに参加。ヤマハ発動機が準備した新型のシャーシとスイングアーム、マニエッティ・マレリがアップデートしたソフトウェアとミシュランが2017年の投入を視野に入れたフロントタイヤを検証。

10度のコースインで43ラップを周回すると、1分56秒台を6回、1分55秒台を最多の6回記録。1分55秒394の1番時計を刻んだ。

「だいたい似たようなことを試し、幾つかのことは速く走るために有益をもたらしてくれる。トラックの一部が汚れていたから、テストができなくなるかもしれないと恐れていたから、ポジティブなテストとなった。最終的にグリップが良くなり、週末と同じような状態ではなかったけど、沢山のことを試すことができた。ミシュランの新しいタイヤを試した。スタンダードより良い。安定感が増し、コーナーでのグリップが良い」と、テストを評価した。