Tickets purchase
VideoPass purchase
News
12 days 前
By Gresini Racing Moto3

グレシーニ・レーシング、2017年体制が決定

総合7位のディ・ジャンアントニオと総合17位のマルティンの起用を発表。

グレシーニ・レーシングは6日、ホームレースとなる第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPを前に、2017年体制を発表。総合7位のファビオ・ディ・ジャンアントニオと総合17位のホルヘ・マルティンが、ホンダのNSF250RWを走らせることになった。

17歳のイタリア人ライダーは、昨年参戦した2年目のレッドブル・ルーキーズ・カップで総合2位に進出。最終戦バレンシアGPで負傷代役として同チームからデビューすると、フル参戦1年目の今年は、第6戦イタリアGP、第8戦TTアッセン、第11戦チェコGPで表彰台を獲得。ホームレース前に契約を更新すれば、18歳のスペイン人ライダーは、2014年に参戦3年目の同ワンメイクカップで総合2位を獲得。アスパル・チームからフル参戦2年目の第11戦チェコGPで初表彰台を獲得していた。

同チームは、1日に総合2位のホルヘ・ナバーロを中量級に起用することを発表。2017年の体制が決定した。