Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「本当に心配だった」

転倒後にプレシーズンの心配と疑問を一蹴するラップタイムを叩き出し、総合2位に浮上。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、ロサイル・インターナショナル・サーキットで行われたオフィシャルテスト2日目に7コーナーで転倒を喫したが、6度のコースインで37ラップを周回すると、1分56秒台を12回、1分55秒台を2回、1分54秒台を最多の3回記録。トップタイムから0.277秒差の2番手に入り、1日目の7番手から総合2番手に浮上した。

「今日はあまり良くない始まりだったけど、嬉しい。異なることを沢山試したけど、速く走れず、その上、転んでしまった。僕たちにとって、少しだけ最後のチャンスだったけど、偶然にも突然にバイクの良い感じが見つかり始め、簡単に曲がれるようになり、最後に新品タイヤを入れ、1分54秒7まで伸ばすことができた。ポジティブだ。モラルということでは非常に大切。今日までは本当に遅かった。心配だったけど、ようやく、ポジティブな1日になった。」

「ヤマハでのプレシーズンで、これほど難しかったことは記憶にない。フィリップアイランドが終わった後は、どこに向かうのか、大きな疑問符があった。昨日も同じような状況だった。ようやく、ポジティブになった。あと1日テストが残っている。正直、みんなからすごく遠かった。特にビニャーレスからは大きく離されていたから、今日のタイムは非常に重要だ」と、転倒後の起死回生の1日となったことを説明した。

Support for this video player will be discontinued soon.

オフィシャルテスト~2日目インタビュー

Losail international circuit,Qatar Day 2 ???? @falex79

valeyellow46さん(@valeyellow46)がシェアした投稿 -

Cadging a lift???? // @valeyellow46 #MotoTaxi with @pirrorider! #QatarTest #RiderOK #MotoGP

MotoGPさん(@motogp)がシェアした投稿 -

推奨記事