Tickets purchase
VideoPass purchase
News
10 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「走行ラインを少し外した」

今季初の転倒リタイアを喫した後、今季3度目の転倒が影響して、初日は総合6番手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第4戦スペインGP初日のフリー走行1で10番手。フリー走行2は、7ラップ目の9コーナーで今季3度目の転倒を喫したが、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分41秒台を5回、1分40秒台を1回記録し、トップタイムから0.959秒差の6番手まで挽回。

「全体的にすごく嬉しい。公式予選2に直接進出するために、グッドなフリー走行3にしないと」

「僕はOK。プッシュし過ぎて走行ラインを少し外側に外してしまい、そこにウェットパッチがあった。チームに伝えたように、バイクを立て直すことができなかったから、クラッシュしてしまった。とにかく、もう一度ピットレーンに出て、バイクの良い感じがあった。まだ幾つかの分野の改良が必要だけど、全体的にはすごく嬉しい。グッドなラップタイムだった。」

「明日は公式予選2に直接進出するために、グッドなフリー走行3にする必要があるから、まだ幾つかの仕事が必要。フェアリングを試したけど、明日改めてトライする必要がある。今日のトラックコンディションでは理解するのが難しい」と、転倒の理由を説明し、再度投入したフェアリングのテストを振り返った。