Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 hour 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「バイクはルマンで本当に良い」

フリー走行4で最速ペースを掴んだ後、渾身のタイムアタックで正真正銘のポールポジション獲得。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、第5戦フランスGPの公式予選で1番時計。予選が実施されなかった開幕戦カタールGP以来、最高峰クラスで2度目、キャリア通算13度目のポールポジションを奪取。明日の決勝レースを今季3度目の1列目から迎える。

「フラッグ・トゥ・フラッグ、ウェットレース、ドライレースを含めて細心の注意を払う」

初日に総合10番手だった後、2日目は、フリー走行3で8番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、2度のコースインで17ラップを周回すると、1分33秒台を6回、1分32秒台を2回記録して、今季9度目の1番手に浮上。

「トラックがベストコンディションではなかったから、トリッキーな予選となってしまったけど、僕たちのバイクはここで本当に良い。できることは分かっていたから、集中し、自分の能力を全開でプッシュし、ポールポジションを獲得することにトライした。明日は天候に注意しなければいけない。フラッグ・トゥ・フラッグ、ウェットレース、ドライレースを含めて細心の注意を払う必要がある。今夜は懸命に働き、明日に向けて改良できるようにトライしよう」と、予選を振り返り、決勝レースに向けて気持ちを切り替えた。

Support for this video player will be discontinued soon.

公式予選インタビュー