Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Ducati Team

ドビツィオーソ「右前腕のパワーが低下」

前腕上がり症状が発生したことから、ペースダウントを強いられたが、2戦連続してトップ5入りに成功。

ドゥカティ・チームのアンドレア・ドビツィオーソは、第5戦フランスGPの決勝レースで、6番グリッドからダニ・ペドロサ、カル・クラッチローと共に第2グループでのバトルを展開して4位。総合5位から6位に後退した。

前戦スペインGPで5位に進出した後、プライベートテストを実施したムジェロを経由して、ルマンに乗り込むと、フリー走行1から14番手、1番手、12番手、10番手。2戦連続3度目の公式予選1は1番手通過。ウォームアップ走行で7番手だった後、フロント、リア共にミディアムコンパウンドのタイヤを選択。

「もしかしたら、表彰台争いができたかもしれない。右前腕のパワーが低下したから、もしかしたら、これは可能な限りのベストリザルトかもしれない」

「4位はグッドなリザルトだ。もしかしたら、ダニと表彰台争いができたかもしれないから、完全に喜べない。レース中盤、右前腕のパワーが低下してしまい、ペースを維持することができなかったら、ペースを落とす必要があった。もしかしたら、これは可能な限りのベストリザルトかもしれない。」

「終盤のペースは非常に良かった。容易に1分33秒台前半のラップを刻むことができ、チェッカーフラッグが振り下ろされるまで、クラッチローの前を維持できた」と、表彰台争いの可能性があったことを説明した。

#FrenchGP Race ????4 See ya in #Mugello!!! #dovi04 #desmodovi #AD04 #forzaducati #ride04real #alpinestars #suomyhelmets #motogp

Andrea Doviziosoさん(@andreadovizioso)がシェアした投稿 -