Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Octo Pramac Racing

ペトルッチ「レースディレクションに呼ばれた」

スタート直後に他車と接触した後、2戦連続のトップ5入りを目前に今季4度目の転倒。

オクト・プラマック・レーシングのダニロ・ペトルッチは、第7戦カタルーニャGPの決勝レースで、キャリア初となる1列目、3番グリッドから5番手走行中のラスト2ラップに今季4度目の転倒で今季4度目のリタイア。総合8位から10位から8位に後退した。

「もしかしたら、少しプッシュし過ぎたかもしれない。ミスを犯してしまった」

「レースディレクションから招集を受け、マルケスとのコンタクトに関して警告を受けた。ポジションを挽回することにトライしたけど、トップ3に戻ることができなかった。終盤、4番手に浮上するためにフォルガーを抜くことができたけど、リアタイヤのグリップが低下し始めたから、マッピングを切り替えたけど、状況を改善できず、なんとか持ちこたえようとトライしたけど、あれ以上の加速ができなかった。もしかしたら、少しプッシュし過ぎたかもしれない。もう一度、上位に進出したかったけど、ミスを犯してしまった」と、スタート直後に発生した他車との接触と転倒を振り返った。

オクト・プラマック・レーシングは、バルセロナ‐カタルーニャ・サーキットに延滞。12日に開催されるオフィシャルテストに参加する。