Tickets purchase
VideoPass purchase
News
30 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

フォルガー「トリッキーなスタートだった」

開始早々にハイサイドから飛ばされたが、今季のベストスタートとなる初日総合2番手に進出。

モンスター・ヤマハ・テック3のジョナス・フォルガーは、第8戦TTアッセンの初日にフリー走行1で今季4度目の転倒を喫して8番手。フリー走行2は、3度のコースインで16ラップを周回すると、1分34秒台を3回、1分33秒台を3回記録して、トップタイムから0.367秒差の2番手に浮上。

「トラックを学ぶ時間があり、カテゴリーの変更を理解。しっかりとしたラップタイムを刻むことができた」

「僕たちの仕事、特にトリッキーなスタートだった後で本当に嬉しい。ドビツィオーソのバイクからオルが漏れて、僅か幾つかのコーナーを通過した後でハイサイドから転んでしまった。このアクシデントでリズムと自信を失ってしまい、少しナーバスになってしまったけど、再びコースインしたときには、トラックを学ぶ時間があり、カテゴリーの変更を理解して、グッドな前進を果たすことができた。僕のライディングと決断を下した方向性により、しっかりとしたラップタイムを刻むことができたから、チームと僕は2番手で終えた。喜ばないといけない」と、転倒で始まった初日を振り返った。

Support for this video player will be discontinued soon.

初日インタビュー