Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By Repsol Honda

ペドロサ「後半戦に向けて自信」

バイクを乗り換えた後、週末のパフォーマンスを再現して、クラス最多となる今季7度目の表彰台を獲得。

レプソル・ホンダのダニ・ペドロサは、第10戦チェコGPの決勝レースで、3番グリッドから7番手に後退した4ラップ目の終わりにバイク交換を決断すると、6ラップ目に6番手、7ラップ目に5番手、9ラップ目には2番手に浮上。3戦連続7度目の表彰台を獲得し、総合4位に対して、16ポイント差から9ポイント差に接近した。

「理想的なピットインから1ラップ遅かったにも関わらず、素早い乗り換えができ、直ぐにタイヤを温めることができた。これが非常に重要だった」

「マルクはこのような状況において非常に賢い。彼が言ったように、タイヤの選択ミスがあり、選択の余地がなかったことも時々あるけど、僕たちの場合は、理想的なピットインから1ラップ遅かったにも関わらず、素早い乗り換えができ、直ぐにタイヤを温めることができた。僕にとって、これが非常に重要だった。」

「ペースはとても良く、今週末はと非常に戦闘力があった。ここで実施したテストのおかげで、ちょっとした前進を果たし、バイクの快適さが増した。後半戦に向けて自信が持てる。」

「ペースは良かったけど、このようなレースでは細かいことが非常に重要となり、マルクのようなライダーたちは、このような状況において、リスクを犯すことを好む。トラックがハーフウェットのとき、スリックで強かった」と、状況を分析した。

Support for this video player will be discontinued soon.

決勝レースインタビュー