Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 hours 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「すごく良い感じ」

右脚脛骨腓骨の骨折から22日、手術から21日後、21ラップを周回して、トップタイムから2秒差の20番手。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、第14戦アラゴンGPの初日、フリー走行1で8ラップを周回して、トップタイムから2.823秒差の18番手。フリー走行2は、13ラップを周回して、2.059秒差の20番手。

「すごく良い感じ。あまり痛さを感じずに走れ、バイクの上で良い感じがあったから、ポジティブな1日となった。ウェットでは、あまり無理しないから快適さを感じた。ドライでのフィーリングを確認するには、待たなければいけない。連続して多くの周回数を重ね、セットアップの仕事ができるように、明日と日曜は天候に恵まれることを願う」と、フリー走行2終了後、初日の感想を語った。

All eyes on the Doctor ????// @valeyellow46 returns just 22 days after breaking his leg! #MotoGP #AragonGP

MotoGPさん(@motogp)がシェアした投稿 -

最高峰クラスに参戦するライダーたちのオフィシャルマーチャンダイズをチェックしよう!