Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ロッシ「M1走行は誕生日を過ごす最高の方法」

テストのために初めて訪れたトラックで誕生日を迎え、高温高湿の厳しい状況の中で74周を激走。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのバレンティーノ・ロッシは、チャーン・インターナショナル・サーキットで始まったオフィシャルテスト初日に、前回のテストを再検証すると共にバイクの挙動を分析しながら、12度のコースインで74ラップを周回すると、1分31秒台を9回記録して、トップタイムから0.392秒差の8番手に進出。

「ここ3年、4年は、誕生日にM1を走らせている。ある視点から見れば、仕事をしなければいけないから、少し難しいことだけど、他の視点から見れば、M1を走らせることは、誕生日を過ごす最高の方法なんだ。いつものように、今日もハードワーク。特に、このトラックは非常に閉まっている。第一印象はそれほど悪くない。特に、もしかしたら、トラックは最悪だと思っていたかもしれないけど、非常に良かった。特に加速に関して、沢山働かないといけない」と、誕生日で迎えた初日を振り返り、トラックの印象を語った。