Tickets purchase
VideoPass purchase
News
13 days 前
By Movistar Yamaha MotoGP

ビニャーレス「フロントをプッシュできるようになった」

昨年ポール・トゥ・ウインを決めた開幕戦の舞台ロサイルで、今年2度目の最速時計を記録。

モビスター・ヤマハ・MotoGPのマーベリック・ビニャーレスは、開幕戦カタールGPの開催地、ロサイル・インターナショナル・サーキットで始まったオフィシャルテスト1日目に10度のコースインで64ラップを周回すると、1分56秒台を14回、1分55秒台を5回記録。セパン・インターナショナル・サーキットで開催された今年最初のオフィシャルテスト2日目以来となる1分55秒053の1番時計を刻んだ。

「タイではプッシュする自信がなかったけど、今日は良くなったようだ。最初はバイクの良い感触がなかったけど、幾つかのセットアップを試してみたら、感じが良くなり、フロントをプッシュできるようになり、ステップ・バイ・ステップでラップタイムを伸ばして行くことができた。」

「可能な限りにベストなバイクになるようにトライしている。今日はピットレーンに出る度に感じが良くなり始め、最後のランでは、ライディングスタイルに集中しながら沢山の周回を重ねた。良くなったようだ。バイクは非常に一貫していて、上手く走ることができたけど、コーナーのスピードと旋回、加速の仕事をしなければいけないから、集中力を維持し、働き続ける必要がある。とにかく、改良したかったところが良くなっている。これはポジティブだ」と、初日を振り返り、2日目の課題を説明した。