Tickets purchase
VideoPass purchase
News
25 days 前
By Monster Yamaha Tech 3

ザルコ「弱点が最悪になってしまった」

トップ5入りを逃したが、今季初となるインディペンデントチームライダー勢の最高位に進出。

モンスター・ヤマハ・テック3のヨハン・ザルコは、第3戦アメリカズGPの決勝レースで、1列目3番グリッドから5位争いの末、6位でフィニッシュ。総合3位から8ポイント差の総合5位に後退した。

「難しい週末となってしまった。グッドな予選の後で、良いスタートが切れなかった。レース前は表彰台獲得に向けて、指を交差させて期待していたけど、他のライダーたちが良い仕事をした。トラックのどこに僕の弱点があったのか分かっていた。ギャップを維持しようとトライしたけど、あまりにも難しかった。」

「これはタイヤが問題という意味ではない。ペースはスタートからフィニッシュまで一貫していたけど、十分に速くなかった。ドビツィオーソに抜かれたときには、彼のペースで追いかけることができなかった。彼とのバトルを期待していたけど、僕の弱点が最悪になってしまった。だから6位で終わってしまった」と、表彰台争い、トップ5入り争いができなかった理由を説明した。