Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By Team Suzuki Ecstar

テスト2番手のイアンノーネ「僕たちはビックなポテンシャルがある」

スズキ車がアッセンに上手く適応し、課題のレース距離を克服して上位進出を狙う。

チーム・スズキ・エクスターのアンドレア・イアンノーネは、前戦カタルーニャGPで10位に進出した後、バルセロナ-カタルーニャ・サーキットに延滞して、オフィシャルテストに参加すると、シャーシの比較検証に着手しながら37ラップを周回して2番手。今週末は、昨年7位だったTT・サーキット・アッセンで今季3度目の表彰台を狙う。

「前戦とオフィシャルテストが僕にポジティブなフィーリングを与えてくれたから、この流れを続けたい。アッセンでベターなリザルトを獲得したい。僕たちは全てのプラクティスセッションで非常に戦闘的だけど、レースディスタンスで苦しむ。20ラップ以上の周回数に対して、安定したパフォーマンスで走ることができない。これが現時点で立ち向かわなければいけないことの1つ。この点に焦点を当て、グッドなポジションとグッドなポイントを稼ぐために、レースに向けて準備をしよう。」

「レイアウトはナイス。走らせるのが楽しい。バイクの特性に上手く適応できると思う。僕たちはビックなポテンシャルがある。仕事を続けよう」と、現状の課題と週末の目標を説明した。