Tickets purchase
VideoPass purchase
News
18 days 前
By Reale Avintia Racing

まだ松葉杖が必要なラバット「1秒差を突破」

第12戦イギリスGPのアクシデントから3か月後、4日間で208ラップを周回。

レアーレ・アビンティア・レーシングから継続参戦するティト・ラバットは、最終戦バレンシアGP後に開催されたオフィシャルテストで右脚の大腿骨骨折から復帰。2日間で95ラップを周回して1.183秒差の総合15番手。

ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで開催された2度目のオフィシャルテストでは、1日目に53ラップを周回して12番手。2日目は、7度のコースインで60ラップを周回すると、1分39秒台を16回、1分38秒台を4回記録して、トップタイムから0.931秒差の13番手、総合14番手で年内最後のテストを締め括った。

「トップタイムから1秒差のギャップを突破できたから、今回のテストはポジティブだ。僕は本当にとても調子が良い。来季使用するバイクをより良く把握することができ、ベースは大きなポテンシャルがあることを理解した。チームは素晴らしい仕事をしてくれた。来季は上位争いができるパッケージがあると考える。さあ、体調を整えよう!」と、会心の笑顔でサーキットを後にした。

Ver esta publicación en Instagram

P12 +1.1 HAPPY ???? #ForzaDucati #MotoGP #realeavintiaracing

Una publicación compartida de Tito Rabat (@titorabat) el