Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Grand Prix Commission

エアロボディのデザインに関する規則を20年に施行

参戦メーカーと協議後、「グレーゾーン」の対処を含めて規則を更新。

Tags MotoGP, 2019

FIM国際モーターサイクリズム連盟は19日、グランプリコミッションが最高峰クラスに参戦する全ての参戦メーカーと共に、エアロボディのデザインに関して広範な協議を実施した後、全ての規則を更新したことを発表した。

新たな規則は、以前の規則にあった「グレーゾーン」に対処しており、適切な場合においては、「テクニカルディレクター・エアロボディ・ガイドライン」の特定のセクションが含まれている。

この提案は、国際モーターサイクリズム連盟との協議、参戦メーカーの承認を得て、チャンピオンシップのテクニカルディレクターによって提出され、グランプリコミッションによって承認された。

参戦メーカーは、新たな規則が施行される20年の最初のイベントまでに、エアロボディコンポーネントをデザインする時間を持つ。