Tickets purchase
VideoPass purchase
News
3 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

通算150戦目に到達したビニャーレス「昨年により格段に良くなった」

昨年の12位(22秒差)から5位(8秒差)に挽回したが、0.955秒差で総合5位から6位に後退。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、第11戦オーストリアGPの決勝レースで2列目4番グリッドから8.674秒差の5位。レッドブルリンクでのベストリザルトを獲得したが、総合5位から6位に後退した。

「グッドなスタートだったけど、3コーナーでジャック・ミラーと絡んだことで少しはらんでしまい、多くのライダーたちにドアを開けてしまった。ホイールスピンを軽減する目的で他のレースと比較して、全く異なるセットアップを使ったけど、2日目からトラックコンディションが大きく変わってしまったから、考えていたように機能せず、違うように作用してしまった。」

「ベストなセットアップだったとは思わないけど、もしかしたら、幾つかの問題を解決できたかもしれない。タイヤの消耗は非常に早く、早い段階で使い切ってしまったけど、昨年と比較すれば、格段に良くなったことから、5位が嬉しい。」

「仕事を続け、速く走る手段を見つけよう。週末はトライアルランだった。本当に大好きなシルバーストンでは、ブルノとスピールベルグで起こったことをあまり気にせず、100%を尽くそう」と、優勝、表彰台争いができなかった理由を説明し、2年前に最高峰クラスで初優勝を挙げたイギリスGPに向けて気持ちを切り替えた。

50%割引で提供中の『ビデオパス』では、第11戦オーストリアGPの決勝レースをオンデマンドで配信。