Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Repsol Honda Team

ヤマハ勢を警戒するマルケス「最善の解決策を見つけないと」

上位陣で唯一タイムアタックを実行せず、コンマ3秒差の初日総合3番手に進出。

レプソル・ホンダマルク・マルケスは、第13戦サンマリノ・リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1でフロント、リア共にミディアムタイヤを装着して2番手。

フリー走行2は、フロントにハードタイヤ、リアにソフトタイヤを履いて、1分33秒台を5回記録。フロントを午前中に使用した中古のミディアムタイヤに履き替えると1分34秒台を4回、1分33秒台を1回記録して、トップタイムから0.396秒差の初日総合3番手だった。

「今日は悪くなかった。テストを再現するようにヤマハ勢、特にクアルタラロとビニャーレスが強かった。テストの後で全員が非常に強いから、最善の解決策を見つけ、必要な小さな分野を前進させるために仕事を続ける。」

「いつものように、走行時間を最大限に利用して、タイヤや幾つかのことを試すことに専念した。ここまでの仕事が嬉しい」と、初日を振り返り、ヤマハ勢を警戒した。

マルケス「ヤマハ勢全員がとてもストロングだ」

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選と決勝レースをノーカットの完全生中継配信。