Tickets purchase
VideoPass purchase
News
22 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

1番手発進のビニャーレス「2、3人のライダーが飛び抜けている」

最多周回を記録したテストの成果を発揮して、今季4度目の初日総合1番手。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、第13戦サンマリノ・リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行1でフロントにソフトタイヤ、リアにミディアムタイヤで装着して3番手。

フリー走行2は、フロント、リア共にミディアムタイヤを選択して、1分34秒台を7回、1分33秒台を2回記録。フロントに新品のミディアムタイヤに履き替えた4度目のコースインでは、1分32秒台を3回記録して、今季10度目の1番時計を刻み、第3戦アメリカズGP、第5戦フランスGP、第8戦TTアッセンに続き、今季4度目となる初日総合1番手に進出した。

「僕たちはテストで本当に良い仕事をしたから、グッドなフィーリングをキープすることにトライした。今日は路面がとても滑りやすかったから、とても難しかったことは確かだけど、どういうわけか、ラップタイムを出すことができたから、とても嬉しい。そのことに興奮するけど、まだやるべき仕事が沢山ある。」

「確かに2、3人のライダーが飛び抜けているけど、僕たちのレベルに到達して来るから、仕事を続けなければいけない。改善ができるか見てみよう。今日はミディアムタイヤしか試さなかった。ハードタイヤを履かず、ソフトタイヤでロングランを実行しなかったから、明日は適切に評価できるだろう」と、1番手発進を決めた初日を振り返った。

ビニャーレス「この調子で仕事を続けたい」

70%割引で提供中の『ビデオパス』では、第13戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの公式予選と決勝レースをノーカットの完全生中継配信。