Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By Repsol Honda Team

クラッシュを喫したマルケス「痛いけど、問題にはならないだろう」

今季10度転倒を喫して近郊の病院で精密検査を受けたが、フリー走行1と2で最速ペース。

レプソル・ホンダマルク・マルケスは、第15戦タイGPのフリー走行1で1分31秒台を最多の9回記録した後、フロント、リア共に新品タイヤに履き替えた直後の18ラップ目7コーナーで今季10度目の転倒を喫して、0.226秒差の3番手。

フリー走行2は、フロントにハードタイヤ、リアにソフトタイヤを装着して、最多の23ラップを周回すると、1分31秒台を最多の13回、1分30秒台を2回記録。トップタイムから0.487秒差の5番手に後退した。

「良い始まりだったけど、転倒してしまった。メディカルセンターに到着したときには、だい回復したけど、医師たちが検査をすることを決断。これほどハードなクラッシュを久しぶりだった。」

「もしかしたら、僕のミスかもしれない。タイヤが温まっていなかったかもしれないけど、速く走っていなかったことは確か。もしかしたら、トラックの汚れているところを踏んでしまったかもしれない。」

「5秒ほど呼吸ができなかったけど、それが20秒に感じた。あの瞬間、ダメージを受けたのか分からなく、怖かった。背中が痛いけど、違和感を覚えたのは、フリー走行2の数ラップだけだった。」

「バイクに良い感じがあるけど、当然、転倒で計画を少し変更した。背中と肩、足が痛いから体調は100%ではないけど、問題にはならないだろう。」

マルク・マルケスのクラッシュ

マルク・マルケスのクラッシュ~監視カメラ

マルク・マルケスのクラッシュ~テレメトリーデータ

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、第15戦タイGPの公式予選と決勝レースをノーカットの完全生中継配信。