Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By motogp.com

マルク・マルケスのスタティスティックス

史上最年少チャンピンをはじめとする19年シーズンに達成したデータを紹介。

最高峰クラスにおいて、6度目のタイトル獲得は、ジャコモ・アゴスチーニが71年東ドイツGPで樹立した史上最年少記録(29歳と25日)を更新。26歳と231日。

オールクラスにおいて、8度目のタイトル獲得は、マイク・ヘイルウッドが67年チェコスロバキアGPで樹立した最年少記録(27歳と112日)を更新。26歳と231日。

最高峰クラスにおいて、6度以上のタイトル獲得に成功したのは、ジャコモ・アゴスチーニ(8度)とバレンティーノ・ロッシ(7度)に続く3人目。

オールクラスにおいて、8度以上のタイトル獲得に成功したのは、ジャコモ・アゴスチーニ(15度)、アンヘル・ニエト(13度)、バレンティーノ・ロッシ(9度)、マイク・ヘイルウッド(9度)、カルロ・ウビアリ(9度)に続く6人目。

最高峰クラスにおいて、ホンダ車で5度のチャンピオンに輝いたミック・ドゥーハンの記録を上回る6度目のタイトルを獲得。

スペイン史上において、1969年から1984年までに通算13度のタイトルを獲得したアンヘル・ニエトに続く、8度目のタイトル獲得。

1961年から1967年まで、7年間で3つのカテゴリーに参戦して、毎年最低でも5勝を記録したマイク・ヘイルウッドを上回り、2010年から2019年まで、10年間で3つのカテゴリーで毎年最低でも5勝を記録。

1966年から1975年まで、10年間で毎年最低5勝を挙げたジャコモ・アゴスチーニの記録に並び、2010年から2019年まで、10年連続して毎年最低でも5勝を記録。

年間8勝以上は、ジャコモ・アゴスチーニとアンヘル・ニエトの記録に並ぶ5度目(2010年、2012年、2014年、2018年、2019年)。過去最多はバレンティーノ・ロッシの8度。

最高峰クラスにおいて、6年連続して5勝以上を挙げたジャコモ・アゴスチーニ(1967年~1972年)とバレンティーノ・ロッシ(2001年~2006年)を上回り、7年連続して5勝以上を達成(2013年~2019年)。

オールクラスにおいて、チェコGPでマイク・ヘイルウッドに並ぶ史上5人目の通算76勝目。バレンティーノ・ロッシ(26歳と165日)に続き、史上最年少2番目(26歳と168)。

オールクラスにおいて、アラゴンGPで史上最年少の通算200戦目(26歳と217日)。

最高峰クラスにおいて、チェコGPで史上4人目の50勝目(バレンティーノ・ロッシ89勝、ジャコモ・アゴスチーニ68勝、ミック・ドゥーハン54勝)。

最高峰クラスにおいて、チェコGPの50勝目はバレンティーノ・ロッシ(26歳165日)に続き、史上最年少2番目(26歳と168)。

24.99ユーロで提供中の『ビデオパス』では、19年シーズンの残り4戦、第16戦日本GPから最終戦バレンシアGPまでの全セッションをノーカットの完全生中継配信。