Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Petronas Yamaha SRT

ペトロナス・ヤマハ・SRT、来季20年は2台のAスペックを使用

ヤマハからモルビデッリとクアルタラロにAスペックのM1が供給されることが決定。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームは、ヤマハ発動機の間で、YZR‐M1のAスペックを来季20年に総合10位のフランコ・モルビデッリと総合6位のファビオ・クアルタラロに供給することに関して合意し、ホームグランプリ、第18戦マレーシアGPの初日に発表した。

ラズラン・ラザリ(チーム代表)
「ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームにとって信じられない最初のシーズンとなりました。ペトロナスのコミットメントとヤマハの信頼に感謝します。フランコとファビオは、今年の成功に多大に貢献しました。両者が同じマシンを走らせることで、さらに良いことが達成できるでしょう。ペトロナスとチームのホームであるマレーシアで発表できることを誇りに思います。」

リン・ジャービス(ヤマハ・モーター・レーシイング・マネーディング・ダイレクター)
「来季20年に2台のAスペックをペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームに供給することを、ここセパンで合意したことを大変嬉しく思います。フランコとファビオのパフォーマンスは大変素晴らしく、個人とチームにおいて、チャンピオンシップの成績に反映されています。」

「ペトロナスのサポートは、2台のAスペックと共にさらなる前進を果たすために重要となりました。ヤマハは、優勝及びインディペンデントのライダー部門とチーム部門のタイトル獲得を願い、20年にさらなる前進を果たすために、チームとライダーに可能な限りの支援を約束します。」

24.99ユーロの特別価格で提供中の『ビデオパス』では、19年シーズンの残り2戦とプレシーズン期間中に開催されるオフィシャルテストの動画を配信。