Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

プライベートテスト~ビニャーレスが最速ペースで1番手

クアルタラロ、ミル、リンス、モルビデッリがトップ5。マルケス6番手、ドビツィオーソ10番手、ロッシ14番手。

最高峰クラスプライベートテストは25日、第5戦スペインGPの開催地、ヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで2日間のプライベートテストを開始。6チーム、11チーム、19名のレギュラーライダー、2名のテストライダー、レアーレ・アビンティア・レーシングから招待を受けたエリック・グラナドは、路面が乾いた11時前後から走行を開始した。

19年型とアルミニウム製のスイングアームが搭載されたニューマシンが準備されたマーベリック・ビニャーレスは、68ラップを周回して、1分37秒台を最多の10回記録。先週のオフィシャルテストに続き1番時計を刻めば、カーボン製のスイングアームが搭載されたニューマシンに乗り込んだバレンティーノ・ロッシは、64ラップを周回して1.628秒差の14番手。

アルミニウム製のスイングアームで走行したファビオ・クアルタラロは、1分37秒台3回記録して0.754秒差の2番手。フランコ・モルビデッリは転倒を喫したが、最多の75ラップを周回して0.986秒差の5番手。

テストライダーのシルバン・ギュントーリが合流したスズキは、先週投入したニューエンジンの作業に取り組み、ジョアン・ミルは0.881秒差の3番手、アレックス・リンスは0.958秒差の4番手。

2台のニューマシンと1台の19年型が準備されたマルク・マルケスは、最終コーナーで転倒を喫したが、69ラップを周回して1.069秒差の6番手。ニューマシンのテストプログラムを継続するカル・クラッチローは7番手。2台のバイクが準備されたアレックス・マルケスは17番手。

2台のニューマシン(オレンジフレームとブラックフレーム)と19年型が準備されたポル・エスパルガロは、7コーナーで転倒を喫したが、56ラップを周回して1.217秒差の8番手。2人の新人、イケル・レクオナとブラッド・ビンダーは19年型に乗り込んで20番手と21番手。

肩の負傷から復帰したダニロ・ペトルッチは、48ラップを周回して9番手。先週に続き、ニューマシンに乗り込んだアンドレア・ドビツィオーソは10番手。ジャック・ミラーは11番手。19年型のテストを続けるティト・ラバットは15番手。将来の起用を視野に招集されたグラナドは、18年型で21ラップを周回。

電子制御の作業に集中するアプリリアのアレイシ・エスパルガロとアンドレア・イアンノーネは、12番手と13番手に進出した。

Support for this video player will be discontinued soon.

プライベートテスト~1日目ハイライトビデオ

Support for this video player will be discontinued soon.

アフター・ザ・フラッグ~プライベートテスト

Support for this video player will be discontinued soon.

アフター・ザ・フラッグ~プライベートテストのバイトサイズ

ブラックフライデー』限定の特別提供!1ユーロで『ビデオパス』の動画が見放題。