Tickets purchase
VideoPass purchase
News
11 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

ヤマハがファクトリーライダーとの契約を更新

イタリア出身の元王者との契約を延長して、タイトル獲得に挑戦。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPは3日、オフィシャルビデオゲームを利用した大会、『MotoGP™ eSport Championship (eスポーツ)』の参戦に向けて、初開催の17年、2年目の18年に連続してチャンピオンに輝き、昨年2位を獲得したイタリア人プレイヤー、ゲーマータグの『Trastevere73』または『Trast73』こと、ロレンソォ・ダレッティを19年に引き続き、2年連続して起用することを発表した。

開催4年目を迎える20年シーズンは、今月5日からオンラインによる『Pro Draft(プロドラフト)』を開催。総合獲得ポイントの上位22名(欧州から16名+その他の地域から6名)がドラフトセレクションとなる『Draft Pool(ドラフトプール)』に進出。

最高峰クラスに参戦する11チームは、『Draft Pool(ドラフトプール)』から1人のオフィシャルライダーと1人のリザーブライダーを選択して、『Global Series(グローバルシリーズ)』に参戦。

Global Series(グローバルシリーズ)』は、第7戦イタリアGP、第13戦オーストリアGP、第15戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGP、最終戦バレンシアGPの併催として、全4戦8レースが開催される。

1

『MotoGP™ eスポーツ』~大会形式