Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

通算25年目に挑むロッシ「トップに戻る手段を見つけないと」

ヤマハの開発作業を称賛し、ビニャーレス、クアルタラロ、モルビデッリとの対決を熱望。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、オフィシャルウェブのインタビューに応え、外出が制限されているイタリア・タヴッリアから近況を報告。最高峰クラス21年目、キャリア通算25年目となる20年シーズンの目標を語った。

「昨年の後半戦、僕の結果は僕たちが期待していたのものではなく、より強く、より速くなる必要があった。ガレージに加入した新しい人材(クルーチーフのダビド・ムニョス)と共にトップに戻る手段を見るけることが必要。これが目標だ。」

「ヤマハは技術面で大きな変更を施した。新しいバイクは改善され、より速く、よりパワーがある。ヤマハはハードワークをし、彼らが100%で働けば、勝利のバイクを製造することができる。」

「ヤマハには、グレートなライダーたちを起用する。僕を除いて、非常に強い3人の若手がいる。ファビオはルーキーシーズンの19年に印象的な走りを見せたけど、マーベリックは非常にシャープで、フランコはとても速い。僕のようなライダーにとって、同じバイクを走らせる彼らとのファイトはいつもチャレンジで、興味深い。」

「今シーズンは特殊。シーズンのレース開催数は半数くらいとなるだろう。僕にとって最大の違いは、同じサーキットでの2週連続開催。これはストレンジだ。サーキットが閉場しているときにレースをするような感じだけど、レースを実施することがライダー、パドック、チームにとって非常に重要なこと。目標は昨年よりも戦闘的になることだ」と、意気込みを語った。

ロックダウンライフ~バレンティーノ・ロッシ

有料動画サービス『VIDEOPASS(ビデオパス)』では、最高峰クラスのシーズン緒戦まで、ユーザー登録者に対して無料お試しのフリートライアルを提供中。『MotoGP™ Virtual Race(バーチャルレース)』も5月31日に配信!

推奨記事