Tickets purchase
VideoPass purchase
News
1 day 前
By motogp.com

「アレックスにとって移籍はポジティブ」

ホンダの決断を尊重と同時に弟の移籍が地位を確立する機会となることを説明。

レプソル・ホンダ・チームマルク・マルケスは15日、ヘレス・サーキット-アンヘル・ニエトで開催されたオフィシャルテスト後、アレックス・マルケスのサテライトチーム、LCR・ホンダへの移籍に関して言及。肯定的な意見を説明した。

「僕はチームメイトに関して強制や拒否したことは一度もなかった。ホルヘ・ロレンソの特別な状況のときのようにホンダの決定を尊重する。ホンダはチームに対して最高を追求している。そのことを知っている。彼らはポル・エスパルガロが僕のチームメイトでなければいけない、アレックスがファクトリーサポートを受けてLCR・ホンダから参戦する必要があると信じた。」

「ポルは経験が豊富。ホンダとアレックスにとって、ポジティブな前進だと思う。ファクトリーチームからサテライトチームに移籍することは通常ではない。僕の場合は別だけど、理論的には、モルビデッリやクアルタラロ、ストーナーのようにサテライトチームから始めた。ファクトリーサポートを受けれることもあり、彼を嬉しく思う。この動きは、特にアレックスにとってポジティブだ。最高蜂クラスで地位を確立する機会となるだろう。」

2月下旬以来となったテストについては、「カタールからの続きで、何も違うことを導入しなかった。週末に幾つかのことを試す計画があるけど、今日はライダーが仕事をする番。午前中にスピードが失われていなかったことを確認し、午後には一貫性の仕事に集中した。僕は落ち着いている。これはレース。常に改善することができる。」

「カタールとマレーシアでは、全てが上手く行かなかったけど、ヘレスでは2019年の感覚が再び見つかった。当然、ライバルたちは良くなっているけど、良い感じだ。」

「幾つかの改良型が持ち込まれたけど、それら全てはプレシーズンから既にあった。消去したものがあるけど、幾つかポジティブなことがあるから、改めてテストが必要。電子制御とエンジンに関しては、良く機能することが投入された。ヘレスは暑いけど、タイとマレーシアの方が湿度の影響を受ける」と、テスト内容を説明した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第2戦スペインGPの最高蜂クラス写真撮影会から最終戦バレンシアGPの決勝レース共同記者会見まで、全戦を完全網羅の生中継で配信。