Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By motogp.com

「麻酔でノックアウトされた後で悪くなかった」

左手舟状骨骨折から6日後、6番手に進出した先週の公式予選2からコンマ2秒落ち。

LCR・ホンダ・カストロールカル・クラッチローは、第3戦アンダルシアGPの公式予選1で3番手。明日の決勝レースを5列目13番グリッドから迎える。

「明らかに今週戻って来たことが最高だった。LCRとホンダは、僕とマルクに対して、プレッシャーをかけずに良い仕事をしてくれ、少し僕たちの仕事をすることができる。バイクに最高のフィーリングがない。快適さがない。もしかしたら、ハンドルバーのフィーリングに苦労しながら、バイクを走らせていることが原因かもしれない。ハンドルバーとブレーキの強さがあるけど、コーナーでグレートなコントロールがあると感じられない。スライドなどのコントロールができないから、徹底的にその仕事をしているところ。僕たちは良い仕事をしている。」

「公式予選2に進出しようとトライした。前を走るオリベイラを上手くマークしたけど、それが必要だった。通常、僕は誰を追いかけないけど、もう少し稼ぐことが必要な場所を確認する必要があった。悪いラップタイムではなかった。手首の手術を受け、3日間麻酔でノックアウトされた後で、先週の予選からコンマ2秒しか遅くなかった。」

「昨日は良い感じがなかった。セッションの後で少し気分が悪かったけど、それは1週間に渡って服用した麻酔薬の影響だと思う。今日はすごく良い気分ではないけど、明日が楽しみ」と、予選直後、ピットレーンレポーターのインタビューに応えた。

VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦アンダルシアGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。

推奨記事