Tickets purchase
VideoPass purchase
News
19 days 前
By motogp.com

「マルケスはまだチャンピオンになれるかもしれない」

3年間タイトル争いを繰り広げた最大のライバルが50ポイント差を逆転する可能性を示唆。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、第3戦アンダルシアGP終了後、2017年から3年間、タイトル争いのライバルであり、転倒と欠場に2戦連続して0ポイントだったマルク・マルケスが2016年から5年連続7度のチャンピオンになる可能性がまだ残されていることを語った。

「ブルノにどのような体調で到着するのか確認する必要があるだろう。100%プッシュできるのか、限界があるのか、それが大きな違いを生み出すかもしれないけど、彼が明白な目標を持つとき、ミスを犯さない。彼はキャリアを通じて、ミスは僅か数回だった。」

「最初はタイトル争いをできないだろうと考えたけど、今はまだ可能性があると思う。特に、ヤマハがエンジンに関する問題にどのように対処するのかを確認する必要がある。確かにクアルタラロは50ポイントを稼ぎ、全てのトラックで速いことは間違いないだろう。しかし、このチャンピオンシップでは全てのことが起こり得る。誰にとってもオープンだ」と、マルケス兄がタイトル候補から切り捨てることができないことを説明した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第3戦アンダルシアGPの決勝レースを含めた全セッションを完全網羅のオンデマンドで配信。

推奨記事