Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By motogp.com

「心が痛い。僕は激怒しているんだ」

接触転倒した前戦を引きずり、リベンジするような走りで最高峰クラス初の1番手発進。

レッドブル・KTM・ファクトリー・レーシングポル・エスパルガロは、5月下旬に2日間のプライベートテストを実施したレッドブルリンクで始まった第5戦オーストリアGPのフリー走行1で、前戦チェコGP後に実施したプライベートテストの成果を発揮するように、最高峰クラスのキャリアで初めて1番手発進を決めると、フリー走行2は、スタート練習だけで、周回を重ねなかったが、初めて初日総合1番手に進出した。

「現実だ。確かに最初のセッションは、誰もがベストなセッティングではない。数人は時間を費やす。そして、グッドなラップタイムをマークするために新品タイヤに履き替えるけど、僕たちは速かった。昨年のドビと同じタイムだ。フリー走行2に向けて疑問があったけど、走ることができなかった。フリー走行3はドライになりそうだから、どうなるか楽しみだ。」

「ホームレースだから、最もプレッシャーがかかわるグランプリだけど、ファンも招待客もいない。レースのようではないから、その分プレッシャーは少ない。先週末の後だけに、僕ができること、グッドな週末にすることを証明したい。レースでは沢山のことが起きてしまうけど、グッドなリザルトを獲得するために全てが揃っている。」

「グッドなパフォーマンスがしたい。それができなかった。このプロジェクトに長く協力しているから、心が痛い。そう、僕は激怒しているんだ。最悪なのは、何も証明できずに、序盤で転倒したことだ。」

「もしかしたら、最も激怒する週末かもしれない。最も激怒だった日は、事後テストの日だった。すごく楽しかった。先週末の後だけに気合が入っている。チームにとって特別な週末であり、彼らのために、僕のためにもグッドなリザルトが非常に重要だ。」

「先週末は、誰もと同じようにタイヤが劣化したときに問題があった。事後テストでは、そのことに集中した。エンジンを変更してみた。コーナー進入の際にエンジンブレーキのシステムが少し役立った。そのエンジンを積んでいる。ポジティブだった」と、喜びと怒りが混ざった表情で初日を振り返り、新型エンジンを好評価した。

Support for this video player will be discontinued soon.

「怒りの走りでプッシュしているんだ」

VideoPass(ビデオパス)』では、第5戦オーストリアGPの公式予選と決勝レースを完全網羅の生中継で配信。