Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「僕たちはフリー走行4で良い仕事をした」

レースシミュレーションで25秒台を10回、24秒台を6回記録して、2番手に浮上。

モンスター・エナジー・ヤマハ・MotoGPバレンティーノ・ロッシは、第5戦オーストリアGPの公式予選でポールポジションタイムから0.545秒差の12番手。明日の決勝レースを4列目から迎える。

初日は13番手と9番手。2日目はフリー走行3で11番手。フリー走行4は、2度のコースインで20ラップを周回すると、1分25秒台を10回、1分24秒台を6回記録して、2番手に浮上した。

「僕たちはフリー走行4で良い仕事をした。残念なことに午前はコンディションが難しかったけど、午後にバイクを上手く改善させ、フリー走行4では強かったけど、公式予選1は、公式予選2に進むために、ポールポジションに近いラップタイムをマークする必要があることから、いつも非常に難しい。それに、いつも非常にタイムが接近する。」

「公式予選2では、ソフトタイヤが残っていなかったから、ミディアムタイヤを装着して、グッドなラップタイムを出した。残念ながら、最後のソフトタイヤで大きくタイムを伸ばすことができなかった。あまり快適さが感じられず、コンマ1秒しか良くならなかった。」

「2本目のタイヤを履いたときの改善が必要。そうでなければ、後方からのスタートを強いられてしまうけど、どうなるか見てみよう。リアタイヤを選択しなければいけない。ソフトかミディアム。その後に天気予報に注意しよう。明日の天気は最高ではないようだ」と、2日目を振り返った。

VideoPass(ビデオパス)』では、第5戦オーストリアGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信。