Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Esponsorama Racing

「僅かな周回数だったけど、質が高かった」

右手舟状骨の手術から3日後、公式予選1で1番手、公式予選2で3番手に進出。

エスポンソラマ・レーシングヨハン・ザルコは、第6戦スティリアGPの公式予選でポールポジションタイムから0.052秒差の3番手。明日の決勝レースは、ペナルティによりピットレーンから迎える。

初日にメディカルチェックを受け、出走許可を得た後、2日目はフリー走行3で12番手。レースシミュレーションとなるフリー走行4は、3日前に手術を受けた右手舟状骨を休ませる目的で出走をキャンセルしたが、公式予選1を1番手で通過。

「グッドなタイムを実現させるために最大限の集中力で臨んだ。この3番手がすごく嬉しい。朝一番の走り出しから痛みに耐え、僅かな周回数だったけど、質が高かった。一日を通じて、良い走りができるように集中した。バイクのことを沢山学ぶことができ、レースで一歩前進できると考える」と、走行を開始した2日目を振り返った。

ピットレーンスタートからのマネジメントは?

VideoPass(ビデオパス)』では、第6戦スティリアGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信