Tickets purchase
VideoPass purchase
News
8 days 前
By Ducati Team

「このタイヤだと思うような走りができない」

緒戦からの全戦ポイント連取が功を奏し、昨年の開幕戦以来となるポイントリーダーに浮上。

ドゥカティ・チームアンドレア・ドビツィオーソは、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで、3列目9番グリッドから10.358秒差の7位。9ポイントを加算して総合2位から今季初めてポイントリーダーに浮上した。

「本当に難しいレースだった。後方からのスタートで、グッドなリズムを見つけることが大変だった。残念なことに、このタイヤを履くと、ここ数年間使ってきたライディングスタイルでは、思うような走りができない。」

「幸運にも火曜日にテストがある。この分野の解決に取り組むことが重要だ。今季のチャンピオンシップは本当にストレンジで、僕たちがポイントリーダーに立つ。現状のポジティブな面を見たい。強さを取り戻すために、仕事を続けよう。グレートなレースをしたペッコ(フランチェスコ・バグナイア)を祝福したい」と、火曜のプライベートテストを利用して、2月のオフィシャルテストから続く厳しい状況からの打開を模索することを強調した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースをオンデマンドで配信