Tickets purchase
VideoPass purchase
News
5 days 前
By Petronas Yamaha SRT

「経験から学び、同じミスを繰り返さない」

2度の転倒で今季初リタイア。緒戦から堅守してきたポイントリーダーの座から陥落。

ペトロナス・ヤマハ・セパン・レーシング・チームファビオ・クアルタラロは、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースで1列目3番グリッドから4番手に浮上した8ラップ目の4コーナーで今季2度目の転倒を喫して20番手に後退。

18ラップ目にピットインして、レースに戻ったが、その直後の6コーナーで転倒を喫して、昨年10月の第17戦オーストラリアGP以来、今季初の転倒リタイア。ポイントリーダーから6ポイント差に総合2位に後退した。

「最初にフランコを祝福したい。本当に今日の勝利に値する。僕にとっては、非常にタフなレースとなってしまったけど、ここから何かを学べるだろう。ミスを犯してしまった。マーベリックを抜こうとして、あまりにもハードにトライしてしまい、タイヤをオーバーヒートさせてしまった。正しい動きだったけど、前にジャックがいて、彼を捕まえたかったけど、あまりにも速すぎた。遅すぎるブレーキングで、フロントエンドを失ってしまった。」

「僕たちはバイクと共にオーバーテイクに苦しんでいる。この分野の仕事が必要だ。当然、僕はがっかりしている。トップをファイトするスピードがあったけど、経験から学び、来週は同じミスを繰り返さない。」

「今日は6戦目で5人が優勝するところを目撃した。最も接戦となっているチャンピオンシップだから、自分の全力を尽くし、僕たちのものとなるとなるようにトライしよう」と、転倒の原因を説明し、今回のレースが教訓となることを誓った。

Support for this video player will be discontinued soon.

「オーバーテイクに大きな問題」

VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPの決勝レースをオンデマンドで配信