Tickets purchase
VideoPass purchase
News
4 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「来週末の目標は今日よりも速いリズムを刻むこと」

ヤマハ勢で唯一ソフト/ソフトを選択したが、左回りに対してリアの左側に問題。

モンスターエナジー・ヤマハ・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、第11戦アラゴンGPの決勝レースで1列目2番グリッドからオープニングラップを制して、レースの主導権を握ったが、8ラップ目に2番手に後退すると、2人に抜かれて、2.880秒差の4位。

13ポイントを加算して、19ポイント差の総合4位から12ポイント差の総合3位に再浮上した。

「グッドなスタートが切れたことがとても嬉しい。1ラップ目にコンマ7秒差を広げた。これは僕に大きな自信を与えてくれる。オープニングラップがすごく嬉しく、ソフトタイヤは今週末を通じて自信を与えてくれた。問題はリアタイヤ。5ラップ、6ラップあたりに左側のグリップが大きく落ちてしまったけど、右側は非常に速かった。これは良いこと。」

「今日はバイクの能力を全開で引き出すことができた。来週に向けて仕事が必要。僕たちのバイクには長所も短所もある。短所を強化することができないけど、長所をヤマハに適した方向に向かって仕事をすることで、さらに伸ばすことができる。」

「来週の目標はもう一度1列目からスタートすること。今日よりも速いリズムを刻むことだ。レース終盤にまた速いラップで走ることができた。ジョアン・ミルにプッシュする機会を得たかったからハードにプッシュした。今後のレースで終盤にプッシュが必要なとき、エクストラがあることが分かった。これは良いことだ」と、優勝と表彰台を逃したが、次戦に向けて確かな手応えを掴んだことを説明した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第11戦アラゴンGPの決勝レースをオンデマンドで配信