Tickets purchase
VideoPass purchase
News
9 days 前
By motogp.com

クラッチロー、今度は右肩を負傷

左手の舟状骨骨折、右前腕の腕上がり症状に続き、右肩の靭帯を損傷。

LCR・ホンダ・カストロールカル・クラッチローは、第13戦ヨーロッパGPを前日に控えた5日、前戦テルエルGPの決勝レース、6ラップ目の3コーナーから4コーナーにかけての方向転換で右肩に軋みを感じたことから、MRI核磁気共鳴画像法による精密検査を受けたところ、靭帯の損傷を確認。初日に右肩の状態を確認することを説明した。

「レース後に肩をスキャンしたところ、レース直後に発言したことを確認した。残念なことに、靭帯が破損していた。ダメージがどれくらいなのかは、バイクに乗るまでは分からない。」

「当然、スキャンから靭帯の破損を確認することができ、医師たちは確認した。シーズン終了後、状況を評価するつもり。どうなるか見てみよう。しかし、あのときは激痛だった。先週はそれほど悪くなかった。ここ2日間は冷え込んだことで、少し痛みを感じた」と、右肩の状態を説明した。

VideoPass(ビデオパス)』では、第13戦ヨーロッパGPのフリー走行1から決勝レースまで完全網羅の生中継で配信