Tickets purchase
VideoPass purchase
News
7 days 前
By motogp.com

ウォームアップ走行:総合4位ベツェッキが今季5度目の最速時計

ロウズ転倒2番手、バスティアニーニ4番手、長島10番手、マリーニ転倒24番手。

第13戦ヨーロッパGPウォームアップ走行は8日、サーキット・リカルド・トルモで行われ、5番グリッドからスタートする総合4位のマルコ・ベツェッキが第7戦サンマリノ&リビエラ・ディ・リミニGPのフリー走行3以来、今季5度目のトップタイムをマークした。

気温13度、路面温度13度のドライコンディションの中、3番グリッドのサム・ロウズは、14コーナーで週末2度目、今季11度目の転倒を喫したが、0.066秒差の2番手。8番グリッドのロレンソォ・バルダッサーリは、0.146秒差の3番手に進出。

15番グリッドのエネア・バスティアニーニは4番手。2番グリッドのジョー・ロバーツは、10コーナーで今季7度目の転倒を喫して5番手。11番グリッドのファビオ・ディ・ジャンアントニオ、6番グリッドのホルヘ・マルティン、23番グリッドのエドガル・ポンスが続き、9番グリッドのエクトル・ガルソは9番手。

22番グリッドの長島哲太は、0.510秒差の10番手。4番グリッドのレミー・ガードナーは14番手。ポールポジションのチャビ・ビエルゲは16番手。

7番グリッドのルカ・マリーニは、5コーナーで今季7度目の転倒を喫して24番手だった。

第13戦ヨーロッパGP『Moto2™クラス』~ウォームアップ走行

VideoPass(ビデオパス)』では、第13戦ヨーロッパGPの決勝レースを完全網羅の生中継で配信