Tickets purchase
VideoPass purchase
News
23 days 前
By Monster Energy Yamaha MotoGP

「ポジティブなフィーリングで終われたことが重要」

初日連続2番手発進を決め、FP4では4番手に進出したが、上位争いから遅れて11位。

モンスターエナジー・ヤマハ・MotoGPマーベリック・ビニャーレスは、最高峰クラス105戦目、キャリア通算172戦目となった最終戦ポルトガルGPの決勝レースで3列目8番グリッドから18.685秒差の11位。3戦連続して1桁台を逃し、最高峰クラス6年目を総合6位で終了した。

「正直なところ、今日のレースはものすごく楽しかった。ファビオ・クアルタラロや他のライダーたちとのバトルを楽しんだ。ヨハン・ザルコとアレックス・マルケスを抜きたかったから、あと2ラップがあれば良かったけど、レースは短かった。」

「それでも、楽しかった。このトラックのレイアウトは沢山のコーナーでオーバーテイクの機会を与えてくれる。プッシングとパッシングを楽しんだ。それはナイスだった。ポジションには喜べないけど、バイクを楽しみ、単独走行のときには、グッドなリズムで走れた。トラック上でポジティブなフィーリングを得て、シーズンを終えたことは重要だ」と、前向きな発言でシーズンを締め括った。

25歳のスペイン人ライダーは、先陣を切って、1月28日にヤマハ発動機との間で契約期間を2年延長。来季2021年もヤマハのファクトリーチームから継続参戦する。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーン!『VideoPass(ビデオパス)』では、最終戦ポルトガルGPの決勝レースと年間表彰式をオンデマンドで配信