Tickets purchase
VideoPass purchase
News
24 days 前
By Repsol Honda Team

「スピードまだあることを証明できた」

元王者マルケス兄の代役を務めながら実戦でのテストを繰り返して全11戦に参加。

ホンダのファクトリーチーム、レプソル・ホンダ・チームからマルク・マルケスの負傷代役として招集を受けたテストライダーのステファン・ブラドルは、今季11戦目、3年前にホンダのテストライダーに就任してから20戦目となった最終戦ポルトガルGPのフリー走行3で8番手に進出。

10月7日と8日に当地ポルティマオ・サーキットで開催された際に、1日半のセッションでプロトタイプマシンを使用。その成果を発揮するように、フリー走行総合で10番手に進出し初めて公式予選2にコマを進めると、自己最高位の6番手を獲得。

レギュラーライダー5年目、最後のシーズンとなった2016年10月の第16戦オーストラリアGP以来となる2列目に進出。

決勝レースでは、ウェットコンディションだった第10戦フランスGPの8位を上回り、ドライコンディションでは、2016年4月の第2戦アルゼンチンGP以来となる7位でフィニッシュした。

決勝レースでは、ウェットコンディションだった第10戦フランスGPの8位を上回るベストリザルトを獲得。ドライコンディションでは、2016年4月の第2戦アルゼンチンGP以来となる7位でフィニッシュした。

「今週末はすごく楽しかった。チャンピオンシップで上位争いをするためのスピードとモチベーションがまだあることを証明することができた。数か月前に、(代役として最初に)バイクに乗ったときは厳しかったけど、僕たちは1戦毎に強くなり、チームと一緒に良い仕事をした。とても満足している。」

「上位陣と沢山のバトルを繰り広げたグッドなレースだった。バレンシアでのポジションはそれほど良くなかったけど、ポテンシャルがあることを証明し、今回のラストレースでは、ポテンシャルを発揮することができた。」

「レプソル・ホンダとHRCに感謝したい。僕たちは素晴らしい関係があり、彼らと仕事を続けられることがとても嬉しい。今シーズンはレースとテストで忙しかったけど、全ての仕事をマネジメントすることができ、強くなるために助けることができた。誰にとっても挑戦の1年だった。今シーズンを可能にしてくれた全ての人たちに感謝したい」と、充実感に満ちた表情でラストレースを振り返った。

11月29日に31歳の誕生日を迎えるドイツ人ライダーは、第14戦バレンシアGPと最終戦ポルトガルGPの間にヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトで2日間のプライベートテストを実施。タイトル奪回を目指すHRCと共に来季に向けた開発プログラムを既に始めている。

最先端の多視点観戦、マルチスクリーン!『VideoPass(ビデオパス)』では、最終戦ポルトガルGPの決勝レースと年間表彰式をオンデマンドで配信