Tickets purchase
VideoPass purchase
News
14 days 前
By motogp.com

転倒レポート~最多転倒サーキットはルマン

最少転倒サーキットはポルティマオ。ルマンの3コーナーが2年連続して最多転倒数を記録。

Tags MotoGP, 2021

2020年シーズンは、年間で722回の転倒を記録。サーキット別では、毎年5月に開催されるルマンは、今年は初めて10月に実施され、週末を通じて雨に見舞われたことから、昨年の90回を上回り100回の転倒を数え、2年連続して最多の転倒数を記録した。

新型コロナウイルスの影響により、今年は同会場で2週連続のダブルヘッダーが開催。連続開催となった6つのサーキットで、ミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリを除き、5つのサーキットで2戦目に転倒数が減少。

2014年と2017年に最多転倒を記録したミサノ・ワールド・サーキット‐マルコ・シモンチェリは、ロックダウン前に路面の再舗装工事が実施されたこともあり、昨年の69回を下回る55回と61回に減少すれば、チャンピオンシップの初開催前に路面を再舗装したポルティマオ・サーキットは、好天候に恵まれたことも影響して、シーズン最少の27回を記録。

例年より2か月半遅い開催となったヘレス・サーキット‐アンヘル・ニエトは、路面温度が60度近くまで上昇したが、転倒数は減少。例年より1か月遅い開催となったモーターランド・アラゴンは、セッションの開始時間を1時間遅らせた成果が出て、例年並の転倒数。

コーナー別では、2年連続最多となるルマンの3コーナー。右、右、ストレート、右、右が続いた後の左で30回の転倒数を記録した。

最多転倒コーナー
1. ルマン/3コーナー:30回
2. バルセロナ-カタルーニャ・サーキット/2コーナー:21回
3. ルマン/14コーナー:15回
4. TT・サーキット・アッセン/5コーナー:19回(アラゴンGP)
5. サーキット・リカルド・トルモ/14コーナー:16回(ヨーロッパGP)

過去5年間の最多転倒コーナー
2020年: ルマン/3コーナー(30回)
2019年: ルマン/3コーナー(32回)
2018年: サーキット・リカルド・トルモ /4コーナー(38回)
2017年: ミサノ・ワールド・サーキット /6コーナー(31回)
2016年: フィリップアイランド・サーキット /4コーナー(32回)