Tickets purchase
VideoPass purchase
News
6 hours 前
By Pramac Racing

プラマック・レーシングが来季の体制を発表

ドゥカティ・コルセ所属のヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンを継続起用

ドゥカティのサテライトチーム、プラマック・レーシングは3日、来季2022年シーズンに向けてチーム体制を発表。今季起用するヨハン・ザルコホルヘ・マルティンを継続起用することが決定した。

ドゥカティ・コルセとの間で1年延長のオプションを含めた1年契約を締結していたザルコは契約を更新し、現在所属するチームから継続参戦。2年契約を結ぶマルティンは、2年目も同チームに所属することになった。

パオロ・カンピノティ(プラマック・レーシング代表)
「このプロジェクトをヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンと共に継続できることを大変嬉しく思います。2人の関係は大変良好で、素晴らしい結果を残しています。ドゥカティと我々は彼らの能力を固く信じ、これ以上に幸せなことはありません。」

パオロ・チャバッティ(ドゥカティ・コルセ/スポーティングディレクター)
「ヨハン・ザルコとホルヘ・マルティンはプラマック・レーシングに大変上手く溶け込みました。この理由からパオロ・カンピノティとフランチェスコ・グイドッティ(チームマネージャー)と共に2022年末まで彼らと共に継続することを決断しました。両者に来シーズンもオフィシャルバイクを供給します。彼らが大きな満足感をもたらしてくれると確信しています。」

プラマック・レーシングは、ホームグランプリの第6戦イタリアGPを控えた5月27日に2005年に始まったドゥカティ・コルセとのパートナーシップを3年間延長することで合意。2022年から2024年までの契約に関して更新したことを発表していた。

25%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第7戦カタルーニャGPの全セッションを完全網羅の生中継で配信