Tickets purchase
VideoPass purchase
News
20 days 前
By motogp.com

「歴史を作る寸前だったけど、バレとのバトルを楽しんだ」

バレンティーノ・ロッシとの異父兄弟対決を繰り広げ、スリックタイヤ組みの2番手で完走

スカイ・VR46・アビンティアルカ・マリーニは、第11戦オーストリアGPの決勝レースで6列目17番グリッドから異父兄バレンティーノ・ロッシとのバトルを展開しながら、終盤スリックタイヤで走行を継続することを決断。スリックタイヤ組みの2番手となる自己最高位の5位でフィニッシュした。

「最終ラップは、特にブレーキの温度が原因で非常に難しかった。ものごとを可能な限り最善の手段でマネジメントしようとトライした。表彰台を信じていたけど、残念なことに、最後の3つのコーナーでレインタイヤを履いた3人のライダーたちに抜かれてしまった。彼らはもの凄く速かった。特に重要な瞬間に賢明な決断を下したから今日の結果がとても嬉しい。当然、表彰台ならもっと良かったけど、レースに満足。僕はもう次のことを考えている。」

「僕たちは歴史を作ることに近かったかもしれない。2位と3位でフィニッシュしていたら、ファンタスティックだっただろう。しかし、レースはとてもタフだった。僕たちはバトルを楽しみ、幸せ。レース後にはハグした。」

「最初から雨が降るリスクがあり、サインボードを見続けた。レース開始時に雨がほんの少し降ったけど、ドライでは速く走れ、良い感じだった。ストレートで少し失っていたから、ライバルたちを引き離すことができなかった。雨が再び降り始めたとき、バイク交換で失ってしまう時間を計算し始めた。あのコンディションでもドゥカティの快適さを感じ、バイクは最高。ミシュランも最高だった。トラックの幾つかのポイントは濡れていたけど上手く機能していた。最終ラップはポジションを守ろうとトライしたけど、ペッコに抜かれたとき、他のライダーたちも来ることが分かっていたから悲しかった。彼が2位で終われたことを嬉しく思う。」

「バイクを交換したいと思った瞬間があったけど、ピットレーンに入る前に、バレが僕を追越し、トラックにとどまり、ギャンブルするのではないかと考え、彼の後ろに位置した。最初はかなり良かった。最終ラップは全力で行き、あのグループのライダーたちに勝った」と最高峰クラスでのベストリザルトを喜び、バレンティーノ・ロッシとのバトルを振り返った。

「クレイジーなレースだったけど楽しかった」

 

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、レッドブルリンクで開催された後半戦2連戦、第10戦スティリアGPと第11戦オーストリアGPの全動画をオンデマンで配信

推奨記事

motogp.com
『Season so far』~アルガルヴェ

7 months ago

『Season so far』~アルガルヴェ

motogp.com
『Season so far』~エミリア・ロマーニャ

7 months ago

『Season so far』~エミリア・ロマーニャ

motogp.com
『Season so far』~アメリカズ

7 months ago

『Season so far』~アメリカズ

motogp.com
『Season so far』~アラゴン

7 months ago

『Season so far』~アラゴン