Tickets purchase
VideoPass purchase
News
2 days 前
By motogp.com

「表彰台争いを期待していたけど...」

残り5戦125ポイントのタイトル争いで、総合2位とのアドバンテージは53ポイント差

モンスターエナジー・ヤマハファビオ・クアルタラロは、第13戦アラゴンGPの決勝レースで1列目3番グリッドからプラクティスで掴んだペースを再現できずに16.575秒差の8位。8ポイントを加算した。

期待していた表彰台
「ウォームアップ走行で良い感じがあったことで、表彰台争いを期待していたけど、スタートしてみると、上位に留まることが難しいことに気づいた。ポジションを維持するために闘った。確かに簡単ではなかったレースを終わらせたことが嬉しい。」

「ディザスター(惨事)ではない。昨年と比較しても感触は違う。1年前は週末を通じて苦しんだ。今年は日曜の午後だけ。それに午前中の時点で目標は表彰台だった。」

表彰台争いができなかった理由
「リアに何か悪いことがあり、奇妙な感覚があった。タイヤを指摘したくないけど、数ラップ後には異常で規則的でない何かを感じた。今日までに似たような何かを感じたことが一度もなかった。15コーナーから1コーナーまでに、コンマ4秒ほど失っていた。追い抜きができず、グリップがなかった。週末を通じて速かったから、何が起こったのかを詳細に分析し理解する必要がある。」

前向きな姿勢を維持
「今日は苦しんだ。自分の中にある全てを尽くした。残念なことに幾つかのポイントを失ってしまったけど、このようなことは起きてしまう。ザクセンリンクの前には僅か10ポイント差だったけど、アラゴンの前には60ポイント差以上。今日はポイントを失ってしまったけど、競争力の高いチャンピオンシップでは当たり前のこと。いつも多くのポイントを稼げるわけではないけど、目標は勝つことだ。」

次戦の開催地、ミサノ・ワールド・サーキット-マルコ・シモンチェリでは、2年前に3番グリッドから0.903秒差の2位。昨年は1戦目に3番グリッドから2度の転倒でリタイア。2戦目は3番グリッドから4位に進出していた。

「何か奇妙なことが起こってしまった」

 

50%割引で提供する『VideoPass(ビデオパス)』では、第13戦アラゴンGP決勝レースのフルセッション、ハイライト、リキャップ、インタビューの動画を配信